One More Awakeners

【更新終了しました】心+身体+魂の好ましい統一を得るべく自己探求を続けてきた、ある男の記録です。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
| - | | - | -
(第220話)「Fの魂」+「Nの極意」=「???」
ついでにこの本↓もご紹介(^^ゞ
「ファシリテーション・グラフィック―議論を「見える化」する技法」
(堀 公俊・加藤 彰 共著)


先週の木曜日、久しぶり(たぶん、2年ぶりぐらい?)に、ファシリテーションを伝えるワークショップを行ってきました。
相手は、某看護学校の学生さんと先生の有志。普段の授業に加えて、放課後に「コミュニケーションの達人」を目指すべく、自主的に勉強会を開いている人たちです。
また、NLPマスタープラクティショナーである先生により、NLPの基礎もいろいろと教わっている「強者たち」でもあります。

ですので、アジェンダを作成するに当たって考えたのは、以下3点です。

◎知識だけをタラタラ流して終わりにするのは、彼ら彼女らに対して失礼に当たる(!)。
◎しっかり「体験」してほしいので、できる限り、彼ら彼女らがリアルに感じられる題材を使う。
◎相手はNLPを(少しずつなりとも)学んでいる人たちなのだから、それを生かさない手はない。


そして、私にとっては、次の2つが「大いなるチャレンジ」でした。

*全くと言っていいほど、医療関係の教育機関には「土地勘」がない。そういった場でもファシることができるだろうか?
*NLPのスキルシートは、ファシリテーションの持ちネタとして役立つのだろうか?


できたアジェンダは、大枠の組み立てとしては「ファシリテーションの考え方を取り入れたグループワークを体験してもらう」ものですが、個々のアクティビティや随所の言葉掛けにNLPの要素をふんだんに盛り込んだものとなりました。
一例としては、議論の枠組みを決める「フレーム」として、NLP研究所で(のみ)教わる「カウンセリングメソッドII」の一部を使ってみました。一歩間違えばラポール切りまくりとなりかねない「飛び道具」ですが、自分の考えを整理し、相手の考えを理解する枠組みとしては、使えるのではないかと思ったのです。

あとは、彼ら彼女らが「私という人間」を受け入れてくれるかどうかが気がかりでしたが、私が「素直で、一致した状態で」前に立てば何とかなるだろうと、腹を括って本番に臨みました。

その結果は....

「是非とも続編を!」
「できれば正規の授業として教わりたい!」


こうした声を、複数の生徒さんから直接いただけるほど、好評のうちに終えることができたのでしたヽ(^o^)ノ

何がよかったのかを、当日の生徒さんの反応を含めて振り返ってみますと....

★「論より証拠」で、体験してもらったのがよかった。
 特に、ファシリテーション・グラフィックによる「議論の見える化」と、
 メソッドIIによる「思考の整理と共有」が、目から鱗ものだったようだ。
 自らの意識を問い直すことにつながった人もいたようである。
★自分が、等身大の姿で前に立ち、さらには率直な自己開示をしたのがよかった。
 アイスブレイク代わりに、生徒さんに「この人(=私)はどんな人だろう?」
 「この人(=私)に質問したいことは?」を書いてもらい、それにその場で答えた。
 それが彼ら彼女らと私の心理的距離を一気に縮めたようだ。
★生徒さんのノリがよくなってきたところで、私のプレゼンスを徐々に下げて、
 彼ら彼女らが「自主的に活動している」状況を作れたのがよかった。


逆に言えば、ファシリテーションで使うスキルを解説することは、今回はそんなに(ほとんど?)しませんでした。
「それは今後のお楽しみ♪」にしたかったのもありますが、まずは「今まで自分たちがやってきたこととの『違い』(と、できれば『効能』)」を体験してほしかったからです。
それもまた、ポジティブな反応を持ってもらえた要因のひとつかもしれません。



今後本当に、私がその学校でファシリテーション(を含むコミュニケーションスキル)を伝えるさらなる(かつ、継続的な)機会が与えられるかは、今のところ判りません。
が、今回のチャレンジが、私の「ファシリテーター魂」を再び呼び覚まし、「NLPerとしてのスキルとあり方」に自信と確信を与えてくれたことは確かです。

そして、何と言っても大きな(予想外の)収穫だったのは、これからの医療現場を支える人たちの「心意気」に触れることができたことです。
彼ら彼女らがすくすく育って、そのポテンシャルを大いに発揮し伸ばしてくれれば、(人数不足という事実はあるとしても)日本の医療現場は何とかなる、そんな気持ちを持っています。

某看護学校の学生さん&先生の皆さま、本当にありがとうございました。
「これからもよろしくお願いいたします」と言えることを、心から願っています。


以下は私の「野望」を、蛇足っぽく(^^ゞ

★以前、キーワードとして思いついたまま放置していた、
 「NLP (Based) ファシリテーション」を、本腰入れて形にしてみます。
★今回は「医療従事者を育てる教育現場」がターゲットでしたが、今後は、
 「学校教育現場」や「教師を育てる教育現場(教員養成学部など)」、
 さらには行政諸機関(公務員関係)にも活動の幅を広げていくつもりです。
★「ファシリテーション」「NLP」「(我流ですが)コーチング、カウンセリング」
 いずれの切り口からでも、何かしらのお力になれると思います(^-^)/
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
| コミュニケーションスキル | 23:47 | comments(1) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
| - | 23:47 | - | -
コメント
こんばんは;久しぶりにナジャ先生に会ってきました。
将来の自分をパネルにして表現するというイベントです。
今回のイベントで”願い事は叶ったものとする”という素晴らしい感覚を見に付けられました。
これってNLPの”アンカーリング”に似てますよね!?
私は2月ナジャ先生主催するイベントで歌を歌います。
明日も彼女のスタジオで初練習;がんばります。
こうしてタツヤさんのブログにカキコするだけですが、
心理的なアプローチなんておよびじゃないほど鬱でネガティブだった私がタツヤさんを通じてNLPを知って鬱を治そうって意思を持つ事ができてよかったです。
| テアニン♪ | 2007/12/02 11:07 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://awakeners.jugem.jp/trackback/236
トラックバック

▲このページの先頭へ
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
RSS1.0 l Atom0.3
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ

AUTHOR'S PROFILE
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
Words of Light
SEARCH
Google

ウェブ全体を このブログ内を

RECOMMEND BOOKS Pt.1
RECOMMEND BOOKS Pt.2
COPYRIGHTS, THANKS
Copyright of All Contents,
(C) 2004-2009 Tazya.
All rights reserved.

Creative Commons License
この作品は、
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
の下でライセンスされています。

Copyright of Weblog Systems,
(C) 2004 paperboy&co.
All Rights Reserved.
みんなのブログポータル JUGEM

Dedicated to
all my dearest people
and their spirits
"Awakening the World"!


ブログパーツUL5