One More Awakeners

【更新終了しました】心+身体+魂の好ましい統一を得るべく自己探求を続けてきた、ある男の記録です。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
| - | | - | -
(第219話)「愛はいつでもそばにあるもの」 なぜなら、それはあなたの中にあるから
まずはご紹介しているこの本。
「4つの質問」と「ひっくり返し」により、シンプルにして衝撃的、かつ見事に、人間の認知の歪みを自覚させるメソッドを紹介しています。

<4つの質問>
 ・それは本当ですか?
 ・それが本当だと、絶対に言い切ることができますか?
 ・その考えを信じると、あなたはどうなりますか?
 ・その考えがなければ、あなたはどういう人になりますか?

<ひっくり返し>
 ・その考えの「主語」「目的語」「肯定/否定」などを転換してみる。
 ・それにより、あなたはどのような感覚を覚えますか?
  (元の考えを抱いているときと比べてどうですか?)
 ・ひっくり返した後の考えが、元の考えと同じくらいかそれ以上に
  本当であることを示す、三つの実例を挙げてみてください。

これ....見事に、NLPの「メタモデル」「メタプログラム」や「(制限となる)ビリーフ」が盛り込まれています。
NLPerにも興味を持って読んでいただける一冊ではないかと思います。


さて本題です。

去年の秋にリリースされ、今でも私の心の中では "Best of Love Song" に君臨している曲があります。

Innocent Love (THE ALFEE)
 ※参考記事:(第29話)愛はいつでもそばにあるもの 気づかぬうちにそっと輝く

この1年の間、私の中では、この曲に対するとらえ方(認知)が大きく変遷していきました。

(第一段階)「特定の誰かさん」を重ね合わせていた
これはよくある話ですね(^^;
歌詞を読んでいただければ判るように、この曲では「あなた」という単語が、呼びかけの対象として使われています。
その当時私は、ある人のことを「この人とだったら!」とものすごく思い入れておりました。
当然ながら私は、この曲の「あなた」を、思い入れていた人だと信じ切って、聴くたびにリソースフルな状態に浸っていたのでした。

(第二段階)「不特定の誰か」だと思えるようになったら?
(第一段階)での思いは、諸般の事情(!)から、その当時には叶わないことが明らかとなりました。
しかし私は、この曲には「ひと組の愛し合う人同士」を超えた可能性があるなと思い始めたのです。
つまり、この曲でいう「あなた」とは、「いまこの瞬間、私と同じくこの地上に生きる人すべて」のことである....というリフレームができるのだと。そうすることで、「Innocent(無償の;無条件の)Love」なるタイトルの本質に、より深く近づけるのではないかと。
そして、このリフレームによって得られた予想外の効果は、(第一段階)で自分の中に抱いた「あの感覚」を、喪失したのではなく、昇華することができたということです。

歌詞の中には「奇跡の絆が 二人を巡り逢わせた」とか、「何気ない月日の積み重ねが 二人を強くさせる」なんて言葉もありますから、そちらにとらわれると、まず(第一段階)の解釈しか生みようがないでしょう。
しかしその「二人」とは、自分が生きていく中で出逢うすべての人だととらえ直したときに、言葉の持つ意味や力がぐっと広がりました。もしかしたら、作者である高見沢俊彦「王子」の思惑以上に。

これが、つい最近....いや、今日のある瞬間まで抱いていたとらえ方です。
今日、街中を歩いているときに、ふと、ある思いが湧いてきました。
ちょうど耳元(イヤホン)に「Innocent Love」が流れていたときです。

(第三段階)
「もしかして....この曲の『あなた』はオレ自身のことで、
 歌っている『わたし』とは、もうひとつの、そして本当の自分ではないのか?」
「そして、このとらえ方、この感じ方こそが、『無条件の愛』の本質であり、
 実践し広めていく第一歩なのではないだろうか?」


このひらめきをもって、改めて歌詞を思い返したとき、思わず涙がこぼれそうになりました。
そして、胸の奥のつかえが解き放たれ、「もうひとつの、本当の自分」....これまで辛抱強く自分(=物理的な存在と、自分が自分だと思っている心理的・認知的存在)のことを見守ってくれた、自分に対する「無条件の愛」と呼べる存在....が、そこにいてくれたことが実感できました。

さらには、感極まったのは「自分」ではなく、
長らく自分の奥底にしまわれていた「本当の自分」「無条件の愛」だったかもしれません。
「よくぞ見つけてくれました」「また出逢えることができてうれしいよ」みたいな。


歌詞の最後を締めくくる言葉は、これです。

「世界の誰より I Love You」
オフィシャルサイトの歌詞には載っていません)

この言葉を、誰に呼びかける(それにより、かりそめの高揚感に浸る)わけでもないし、
誰かから囁きかけられる(それにより、ひとときの充足感におぼれる)わけでもない。

誰よりも何よりも「自分」のことを知っていて、無条件に受け入れ支えてくれる、
「内なる&真なる存在」からの最高のギフトとして、この言葉を受け取りたいのです。

この曲と出逢って1年以上、ようやくこの曲に込められた「真意」....作り手すら明確に意識していたかどうか、定かでない意識....に、たどり着けたような感覚を、今抱いています。
多分これから、この曲を聴くときは、自分の中にある「コア」とつながりながら、言葉のひとつひとつを全身に広げて味わうことでしょう。


ここに至るまでの道を開いてくれた、かけがえのない「我が同志」に感謝。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
| 愛について | 19:52 | comments(1) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
| - | 19:52 | - | -
コメント
 ケイティの前著は、面白そうなのがあるな......と感じつつも、立ち読みしただけでおわりました。やはり、こんな簡単なワークでどうなの、といった思いがありました。

 後書きで水島先生も似たようなことを書いていました。
今回、彼女が訳したと言うことで、ホーッと思って、買ってみました。まだ、ザ〜ッと目を通したところですが、Tazyaさんがお書きのように、NLP的な視点からも一理あると思いました。

 それでは、どうも。
| Hagrid | 2007/12/03 5:09 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://awakeners.jugem.jp/trackback/235
トラックバック

▲このページの先頭へ
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
RSS1.0 l Atom0.3
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ

AUTHOR'S PROFILE
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
Words of Light
SEARCH
Google

ウェブ全体を このブログ内を

RECOMMEND BOOKS Pt.1
RECOMMEND BOOKS Pt.2
COPYRIGHTS, THANKS
Copyright of All Contents,
(C) 2004-2009 Tazya.
All rights reserved.

Creative Commons License
この作品は、
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
の下でライセンスされています。

Copyright of Weblog Systems,
(C) 2004 paperboy&co.
All Rights Reserved.
みんなのブログポータル JUGEM

Dedicated to
all my dearest people
and their spirits
"Awakening the World"!


ブログパーツUL5