One More Awakeners

【更新終了しました】心+身体+魂の好ましい統一を得るべく自己探求を続けてきた、ある男の記録です。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
| - | | - | -
(第142話)改めて問う。真の "Awakener" とは?
評価:
ニール・ドナルド ウォルシュ
サンマーク出版
¥ 730
(2002-04)
この本↑の、p.195〜196 より:

<真のマスター>とは、生徒がいちばん多い者ではなく、最も多くの<マスター>を創り出す者である。
<真の指導者>とは、追随者がいちばん多い者ではなく、最も多くの指導者を創り出す者である。
<真の王者>とは臣民がいちばん多い者ではなく、最も多くの者に王者らしい尊厳を身につけさせる者である。
<真の教師>とは知識がいちばん多い者ではなく、最も多くの者に知識を身につけさせる者である。

あなたの仕事は、彼ら[自分の関わるすべての人]を自立させること、できるだけ早く完全に、あなたなしにやっていきなさいと教えることだ。彼らが生きるためにあなたを必要としているかぎり、あなたは彼らにとって祝福とはならない。あなたが必要ないと気づいた瞬間に、はじめて祝福となる。

同じ論理が、「親」「パートナー」「同僚」....いろんな人の関わりに展開できることに、もうお気づきいただいているかと思います。
もう少し続けましょうか。
人の上に立ち、人をリードする人に求められる「要件」です。

「ロバート・ディルツ博士の NLPコーチング」 p.365〜366 および
「From Coach to Awakener」 p.241〜242 より:

アウェイクナー[人々を覚醒させる人]には、コーチ、ティーチャー、メンター、スポンサーとしての能力もある程度は必要ですが、もっと別の次元の能力も求められます。自分自身がまだ眠っている状態では、他者を目覚めさせることなど絶対にできません。つまり、アウェイクナーにまず求められるのは、『自分自身が覚醒し、その状態を保つ』という能力になります。アウェイクナーは、自分自身の一致感と完全性により、他者を目覚めさせます。アウェイクナーとは自分のビジョンやミッションと完全につながることで、他者をその人自身のミッションやビジョンに結びつける人のことなのです。

Being an awakener requires the abilities of a coach, teacher, mentor and sponsor to some degree, but has other dimensions. It is obvious that it is not possible to awaken others if you yourself are still asleep. So the first task of the awakener is to wake up and stay awake. An awakener "awakens" others through his or her own integrity and congruence. An awakener puts other people in touch with their own missions and visions by being in full contact with his or her own vision and mission.
(上記文中下線のある部分は、日本語版で訳出されていない文章)


自分に追従・盲従する人を量産するのは、"Awakener"(マスターといってもいいし、リーダーといってもいいですが)の役割ではありません。
「周囲の人、彼ら自身、意識的/無意識的に持つビジョンやミッション目覚めさせる」のが、本当の "Awakener" の役割であり、それにより「彼ら自身自立/自律を創り出す」のが、本当の "Awakener" の使命です。
ただ、ミッションやビジョンといった、意識段階の高いレベルに対して目覚めを起こさせるためには、能書き垂れるだけでは何の意味も影響力もない。上に立ちリードする人が、自身の「あり方(存在感、言行一致感、完全性など)」を示し続けることが大事なんだと。そのことを強調しています。

冒頭にご紹介した「神との対話 の文章は、
"Awakener" の目指すべき「あり方、存在のしかた」を示してくれているように、私には思えました。

人々の意識を「目覚めさせる」....これまでの視点をシフトさせ、新たな気づきを生み出す。そして、これまでの認識を(全否定するのではなく)再度吟味する機会を得てもらい、新たな意識を獲得してもらう....ことは、あくまで「原点」であって「終着点」ではありません。

「目覚め」をきっかけに、その人がこの先、
何を大事にし、どんな能力を使って、どんな行動をしていくか。
そうすることで、どんな環境(人間関係、状況)を創りだしていくのか。


そこまでサポートでき、実際に相手が新たな力強い一歩を踏み出せてはじめて、
"Awakener" としての役割を全うできたと言えるのでしょう。


そのためにも、まずは自分自身の「一致感と完全性」を獲得し(取り戻し?)、あらゆる場で、あらゆる人と関わる際に、終始それらを維持できるように、これからも自らを見つめ直し、修練していきます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
| スピリチュアリティ | 10:43 | comments(1) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
| - | 10:43 | - | -
コメント
まさにそれが真実ですよね☆小手先の技術じゃありませんよね。自分が最高最大にミッションを生きているか。それに尽きるのかもしれません。
| kimmy | 2007/04/30 10:56 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

▲このページの先頭へ
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
RSS1.0 l Atom0.3
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ

AUTHOR'S PROFILE
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
Words of Light
SEARCH
Google

ウェブ全体を このブログ内を

RECOMMEND BOOKS Pt.1
RECOMMEND BOOKS Pt.2
COPYRIGHTS, THANKS
Copyright of All Contents,
(C) 2004-2009 Tazya.
All rights reserved.

Creative Commons License
この作品は、
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
の下でライセンスされています。

Copyright of Weblog Systems,
(C) 2004 paperboy&co.
All Rights Reserved.
みんなのブログポータル JUGEM

Dedicated to
all my dearest people
and their spirits
"Awakening the World"!


ブログパーツUL5