One More Awakeners

【更新終了しました】心+身体+魂の好ましい統一を得るべく自己探求を続けてきた、ある男の記録です。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
| - | | - | -
(第279話)潮の変わり目を感じています
このブログを始めて2年と数ヶ月、もうちょっとがんばれば3年。
その前にも違うところでブログを書いていましたから、そこから数えれば5年以上、ネット上に駄文戯れ言その他諸々を載せてきたわけですが。

タイトルのとおり、自分の中で「潮の変わり目」に来たなと感じています。
これまでのような内省的(しかもネガティブを掘り起こすものが多い)な内容から、読む人に肯定的な影響を与えるような内容に移していけというものです。

しかも「それを意図して」書け、と。

続きを読む >>
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
| つぶやき | 23:24 | comments(0) | -
(第275話)「挑戦進化」と「継続熟成」
評価:
FENCE OF DEFENSE
Sony Music Direct
¥ 1,999

# 実は最新盤として「挑戦進化 - HYPER PROGRESS」があるのですが、
# Amazonでは販売されていないので、「円游律」をご紹介しました。


2009年5月時点で、私がもっとも好きなバンド「FENCE OF DEFENSE」。
「防御の壁」と訳してしまうと、精神医学や心理学に出てきそうな言葉です。

バンドデビュー以来、直球と変化球を(歌詞の面でもアレンジの点でも)織り交ぜながら、活動を継続しています。
メンバー3人とも凄腕のスタジオ&サポートミュージシャンですので、演奏の質は保証済み。キャッチーさに欠けるのがアレですが、まその辺も魅力のひとつってことで。

昨日、彼らのライブを観に行ってきました。
50代に突入したばかりとは思えないほどのテンションの高さと、それに食らいつくファンの盛り上がり。
アンコール含めて2時間といささか短めでしたが、十分に密度の濃い時間を堪能することができました。


と、ここで音楽談義をしようというのではありません。
彼らの演奏を味わい、終演後に仲間と語り合う中で、浮かんできたキーワードがあったのです。
続きを読む >>
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
| つぶやき | 11:12 | comments(0) | -
(第272話)過去を捨てる男
何だか「相棒」か何かのエピソードタイトルみたいですが(「××な女」シリーズが3編ほどありましたね)、実はこれ、私自身のこれまでの生き方を振り返ったときに思いついたタイトルです。
もちろん実際に過去を消せるはずなどなく、もっぱら私の心の中で、という意味合いですけれど。

小学校、中学校、高校、大学と16年。社会人になって18年。
この間に出会ってきた人たちで、今もつきあいが続いているのはごくわずか。ほとんどがここ数年に「学校外」「仕事外」で出会った人たち。三十路過ぎで関西から東京に出てきたということを割り引いても、例えば仕事で「過去につきあいのあった人たちを」と問われると返答に困ってしまう始末。むしろ70過ぎた母親の方が同級生の動向について詳しかったりします(!)。
時折ネタに使う「同級生ネタ」は、某メジャーバンドのギタリストが高校時代に同じクラスだった、というものですが、その彼とはそんなに親しかったわけではなく(その頃から「バンド兄ちゃん」的風体だったのは覚えていますが)、今にして「しまった! あん時もっと仲良くしとけばよかった」と思うことしばしばです。

なぜそのような生き方が習い性になってしまったのでしょう?

続きを読む >>
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
| つぶやき | 11:29 | comments(0) | -
(第267話)遅ればせながら、今年の抱負など

年末年始は仕事の都合で短めの正月休み、そして仕事始め初日から完徹。

とらえようによっては散々な2009年の幕開けでしたが、気持ち的には特に変化もなく....ただ「何となく2009年になってしまったかな」という気持ちにはなっていたので、月並みですが「今年の抱負」を言葉にしておきます。


こういうときに便利なのが、NLPで学ぶ「ニューロロジカルレベル」です。

人の意識を6段階に分けるだけでなく、上位の意識を変えることで下位の意識ががらりと変わっていく....そういうものです。


では、早速6つのレベル....を便宜上4つにくくり直して、書いてみます。


続きを読む >>
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
| つぶやき | 22:36 | comments(0) | -
(第263話)気がつけば、もう....
<1年経つんですね>

今の部屋に引っ越してきたのが、ちょうど去年の今頃。
シングルに戻ったのだから今度は住むところには妥協すまいと心に決めて、部屋を探し始めてわずか1週間程度で成約した部屋です。
ただ、新築の物件だったとはいえ家賃がお高いのは確かですので、来年の今頃は、あと2年住み続けるか、別の部屋に移るか、思案していることでしょう。


<もうすぐ2年になるんですね>

私がシングルに戻ってから。
何だか遠い昔のことのように思えますが、今でも家財の大半は既婚時代に使っていたものです。
順次「オレ様チョイス」に入れ替えていくことにはなりますが、もうしばらくは過去を思い出すアイテムが身の回りに残りそうです。


<もうすぐ4年になるんですね>

私がNLPを学び始めてから。
最初のセミナーに5万なにがしを投じたときは、こんなに大きな変化が自分の中に起きるとは思ってもいませんでした。
いや、そもそもプラクティショナーコースに進もうなんて、直前まで考えていませんでした。
4年前の自分なんてもう....思い出せないと言えばウソになりますが、「どうしてあんなに自分で自分を苦しめていたのだろう?」と思えます。
とにかく、私が自主的にやり始めたことの中で、もっとも息の長い活動になりそうです。


<もう5年も経つんですね>
続きを読む >>
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
| つぶやき | 22:22 | comments(0) | -
(第260話)All I need is ....

シングルに戻って、もうちょっとで2年。
今のところは「特定の誰かさん」がいるわけでもなく、
身軽な独身生活を満喫しております。

ただ、このままでいいとは思っておりませんで、
やはり「共に生きる誰か」がほしいと思う瞬間はあります。

# ちなみに今日、これを書いているのは、
# NLPerの結婚パーティー(二次会)から帰ってきた夜です。


で....「誰か」ってどんな人なのか。
というよりも、「誰か『と、どういう関わりを持ちたいか』」なのですが。

それについて、最近気づいたことがあります。

私は、同じミッションを探求する「相棒」がほしいのだと。
おそらく土台としてそれがなければ、長続きはしないのだと。

「ミッション」というと大げさですが、
要は「二人で共にフィールドを創りあげ、広げていくこと」です。

ライフワークでも趣味でも、どちらでもいいのです。
いわゆる "Make Love" ....オトコ(オス)とオンナ(メス)として、
生物的に惹かれあうこと....はある段階までは必要だとしても、
最終的に二人の絆を続かせるのはそれなのかなと。

そして、最初の結婚が終わった(終わらせた)最大の理由は、それだったのかなと。


このことに気づいたのは、
私が好んで観ているテレビドラマって何だっけか?と思い返したときです。
続きを読む >>
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
| つぶやき | 23:46 | comments(0) | -
(第258話)四十路を前に、喜怒哀楽とつながり直す
1968年9月10日生まれの私。
あと1週間で「大台」こと、四十路に突入します。

未だ腰の据わらない生活を送っておりますが、
歳月だけは遠慮なくやってきては通り過ぎていきます。

10年前、三十路を迎えるのを「大台」と呼んでいましたが、
そんなに切迫感はなかったような気がします。
いや....今の方が、あの頃よりはちゃんと自分自身を生きている。
そんな実感があります。

あの頃は....つい最近までは、
自分自身を、自分の感情を、自分が感動を表に表すことを、
がっちり固めて止めていたからです。


最近我が家にケーブルテレビを導入しました。
今まではDVDを借りて観るだけだった、DVD化されるのを待つだけだった番組を、
今ではハードディスクレコーダに録り貯めて観る毎日です。

「24」「BONES」「HEROES」「プリズン・ブレイク」など、
DVDで全部または一部を観たものもありますが、最近いいなと思ったのが、

「ゴースト〜天国からのささやき」

最初は、「昔の映画の『ゴースト』と、どこが違うんだろ?」と思いついて録画したのですが、
オープニングタイトルを見てびっくり。
原案がジョン・グレイなのですね。「ザ・シークレット」のマスターの一人でもある。

そして不覚にも、エンディング近くで私は泣いてしまいました。
「いやぁ....いい話だなぁ。こういう話をもっと味わいたいよなぁ。
 人の心を癒し、こわばりを溶かすような作品を」。

私がテレビを観て感極まったのはこれだけではありません。
逐一例示するのはやめますが、そんな機会がものすごく増えたことは確かです。


実は私、「泣けない人」だったのですね。
そして、泣くことを含めた感情表現全般が乏しい人だったのです。
続きを読む >>
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
| つぶやき | 21:56 | comments(0) | -
(第250話)私の読書−最近の「積ん読」リストより
給料が入ると、真っ先にAmazonや本屋に出向いて、本やCDを買っています。
月平均1万円ぐらいでしょうか。このところは、単行本3〜4冊とヒーリングサウンドのCDをまとめ買いするのが定番になっています。
そしてそれだけではなく、購入した本をあらかた読み尽くしたあとは、自宅近くの図書館に出向いて本をまとめ借りします。借りる時期にもよりますが、一時に最高10冊(規約の上限)借り出すことも少なくありません。

年頭に思い立って「読書リスト」を作りまして、購入・借出記録を付けてみたら、今年上半期だけで何と62冊の本を読了していました(!)。
その中には、小一時間でサラッと読めてしまうものもあれば、一週間以上チビチビと読み進めたものもあります。ジャンルもさまざまで、「24」や「相棒」関連の本もあれば、精神世界系のディープなものもあったりして。
ただ、小説はごく少なく歴史物は皆無という「偏読ぶり」は気にかかりますが、かつての私が精神世界系の本に全く手を付けなかったように、何年かすれば読書の趣向も変わってくるのでしょう。
あともう一つ問題(!)なのは、私の今の仕事(IT関連)に関連する本が一冊もないことでしょうか。


で、冒頭に挙げた一冊は、実はまだ一ページも目を通しておりません。
要するに「積ん読」状態で、私のデスクの上で読まれるのを待っている本です。

しかもその「積ん読」が、今月は特に激しくてですね....。

・「神が望むこと」(ニール・ドナルド・ウォルシュ)
・「成長を助ける21の鍵−NLPを知っていますか?」(マイク・バンドランド、ジェイク・イーグル)
・「ロバート・ディルツ博士の 天才達のNLP戦略」(ロバート・ディルツ)
・「ダイアローグ」(デヴィッド・ボーム)
・「シンクロニシティ」(ジョセフ・ジャウォースキー)
・「最強の集中術」(ルーシー・ジョー・パラディー)
・「境界線(バウンダリーズ)」(ヘンリー・クラウド、ジョン・タウンゼント)

特に、ディルツさんの本は、買ってからもう2ヶ月は経っているというのに、ネタ的に緊急度が低いせいもあり、未だ読めておりません。
他に、今まさに読んでいる本が「あなたがリーダーに生まれ変わるとき(ジョン・マクスウェル)」。これは図書館で借りた本です。
以前ご紹介した「パスワーク(エヴァ・ピエラコス)」をつい先日読み終えたばかりで、今月も週平均2冊以上は読みこなさないと、また今月末に「積ん読」の山がドカッと積み上がります。


うーん、いくら本が好きだからといって、ここまでするかぁとお思いでしょう。
速読法の類を身に付けているわけでもないのに。
続きを読む >>
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
| つぶやき | 21:34 | comments(0) | -
(第243話)PARTNERS - ワタシが最近ハマるもの、その後
(第237話)骨と英雄−ワタシが最近ハマるもの(前編)
(第238話)四六時中−ワタシが最近ハマるもの(後編)

これの続編です。

ふとテレビで再放送されていたものを観てですね、連休中からハマっているのが、

相棒 (テレ朝公式サイトWikipedia

いやぁ....これまた世間の流行りからすれば「何を今さら」ではありますが、そのハマり具合といったらもう「24」並みかそれ以上。連休中に「劇場版」を観に行ったのをきっかけに、レンタルされている分の大半を観終えてしまったぐらいですから。

「相棒」は、昨年来ハマってきたドラマのうち、「24」「BONES」に通じるものがあります。
もちろん同じ「勧善懲悪もの(刑事ものとは書きづらい)」であることもそうですが、

・主人公が決して完璧ではない
・主人公(のうち一人)は、世間とのつきあいが下手である
・脇役もしっかりキャラが立っている

といった部分も似ています(そういう意味では「HEROES」もそうなのかも)。

しかし、一番重要であり、かつ、私自身と共通しているのかもしれない点がこれです。

・主人公(のうち一人)は、「真実への渇望」に突き動かされる

「24」ではジャック・バウアー、「BONES」ではテンペランス・ブレナン、そして「相棒」では杉下右京。
普通の人ならば、世間体や保身のために「ほどほど、なあなあ」で済ませておくような状況においても、真実を見極めるまでは諦めようとはしませんし、理と情のどちらを取るかと言われれば(大概の場合は)「理」を取ろうとします。

ただ、主人公のキャラクター設定には違いがあるようで、「24」のジャックは理と情がない交ぜになることがままありますし、「BONES」のブレナンもシーズンのラストの方で理を突き通せなくなってしまうのに対し、唯一「相棒」の右京だけが理をベースにし続けているような気がします(右京の激昂は、理あってのものだと私は思います。右京がジャックのように感情をむき出しにできる日は来るのでしょうか....)。


今の私自身に、「(杉下の)正義は、時に暴走する」と周囲に言わしめるほどの正義感はありませんが、「たとえ自らが傷つくとしても、本当のことが知りたい」という心理的欲求は存在します。
続きを読む >>
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
| つぶやき | 22:35 | comments(0) | -
(第238話)四六時中−ワタシが最近ハマるもの(後編)
昨年の秋以来、私が本格的にハマり始めたのが、「24 -TWENTY FOUR-」(以下、簡潔に「24」と表記)です。
世間的な盛り上がりの時期に比べれば「晩熟(おくて)」もいいところですが、それまでに海外ドラマなるものをちゃんと見たことがない....当然「韓流ドラマ」なんてのも観たことがありません....私にとっては、「24」との出会いは革命的でした。

「24」についての詳しい情報はこちらを観ていただくとして....と。

まずは、どうして私が「24」にハマって、今でも愛好し続けているかを列記します。

*とにかく続きを見続けたくなってしまう。
*時に訪れる大どんでん返し。
*ワンシーンごとに、先への伏線が盛り込まれている(ので、グッとのめり込んで観てしまう)。
*もちろん、主人公のジャック・バウアーの「暴走ぶり(しかし、結果はちゃんと出している)」も魅力。
*ジャックを信じてサポートする人たちもまたいい。ジャックに絡んでいるうちに、彼らも「ジャック化」していくようでもあるけれど。

あと、私個人は、シーズンが進むにつれて、内的な描写に重きを置くようになってきたところが気に入っています。
同じ言葉を使いながらも登場人物同士で定義が違っていたり(例:国を愛する)、背負った背景の違いから悲劇的な対立を招いたりと、単なる「善玉」と「ヒール」のチャンバラにはとどまらなくなってきています。
特にシーズン6では、ジャックを支えていたいくつものバックボーンが崩れ去るともいえるストーリー展開がなされており、「この先、ジャックはどうすんのよ? シーズン7はあるっていう話だけど」と心配(ある意味期待)するぐらいです。

昨年中に全シーズンを制覇して、以来自宅では数回繰り返し観ています。
さすがに少々飽きが来ているのは確かですが、観直せばそのたびに新たな発見と感動があるのも確かなので、これからも繰り返し観ることになるでしょう。


で、私が「24」にハマった理由は、実はそれだけではありません。
主要な登場人物二人に、特に思いを重ねることがあるからです。
続きを読む >>
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
| つぶやき | 00:16 | comments(0) | -

▲このページの先頭へ
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
RSS1.0 l Atom0.3
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ

AUTHOR'S PROFILE
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
Words of Light
SEARCH
Google

ウェブ全体を このブログ内を

RECOMMEND BOOKS Pt.1
RECOMMEND BOOKS Pt.2
COPYRIGHTS, THANKS
Copyright of All Contents,
(C) 2004-2009 Tazya.
All rights reserved.

Creative Commons License
この作品は、
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
の下でライセンスされています。

Copyright of Weblog Systems,
(C) 2004 paperboy&co.
All Rights Reserved.
みんなのブログポータル JUGEM

Dedicated to
all my dearest people
and their spirits
"Awakening the World"!


ブログパーツUL5