One More Awakeners

【更新終了しました】心+身体+魂の好ましい統一を得るべく自己探求を続けてきた、ある男の記録です。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
| - | | - | -
(第220話)「Fの魂」+「Nの極意」=「???」
ついでにこの本↓もご紹介(^^ゞ
「ファシリテーション・グラフィック―議論を「見える化」する技法」
(堀 公俊・加藤 彰 共著)


先週の木曜日、久しぶり(たぶん、2年ぶりぐらい?)に、ファシリテーションを伝えるワークショップを行ってきました。
相手は、某看護学校の学生さんと先生の有志。普段の授業に加えて、放課後に「コミュニケーションの達人」を目指すべく、自主的に勉強会を開いている人たちです。
また、NLPマスタープラクティショナーである先生により、NLPの基礎もいろいろと教わっている「強者たち」でもあります。

ですので、アジェンダを作成するに当たって考えたのは、以下3点です。

◎知識だけをタラタラ流して終わりにするのは、彼ら彼女らに対して失礼に当たる(!)。
◎しっかり「体験」してほしいので、できる限り、彼ら彼女らがリアルに感じられる題材を使う。
◎相手はNLPを(少しずつなりとも)学んでいる人たちなのだから、それを生かさない手はない。


そして、私にとっては、次の2つが「大いなるチャレンジ」でした。

*全くと言っていいほど、医療関係の教育機関には「土地勘」がない。そういった場でもファシることができるだろうか?
*NLPのスキルシートは、ファシリテーションの持ちネタとして役立つのだろうか?


できたアジェンダは、大枠の組み立てとしては「ファシリテーションの考え方を取り入れたグループワークを体験してもらう」ものですが、個々のアクティビティや随所の言葉掛けにNLPの要素をふんだんに盛り込んだものとなりました。
一例としては、議論の枠組みを決める「フレーム」として、NLP研究所で(のみ)教わる「カウンセリングメソッドII」の一部を使ってみました。一歩間違えばラポール切りまくりとなりかねない「飛び道具」ですが、自分の考えを整理し、相手の考えを理解する枠組みとしては、使えるのではないかと思ったのです。

あとは、彼ら彼女らが「私という人間」を受け入れてくれるかどうかが気がかりでしたが、私が「素直で、一致した状態で」前に立てば何とかなるだろうと、腹を括って本番に臨みました。

その結果は....

続きを読む >>
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
| コミュニケーションスキル | 23:47 | comments(1) | trackbacks(0)
(第190話)語そのものよりも、語「感」に反応するワタシたち
普段めったにテレビを見ない私の、数少ない「好きこのんで見る」番組が、

水曜どうでしょう

なのですが。

これのおもしろさを倍加させているのが、本来は「裏方」であり、決してオモテには、姿はもちろん声すら出てこないはずの、ディレクターの存在感です。
中でも、チーフディレクターの藤村忠寿氏は、出演者二人(鈴井貴之、大泉洋)以上にリアクションし、その派手さたるや出演者を引かせてしまうほどの大笑いで、画面に割り込んできます。その勢いで、出演者(特に大泉洋)と素で口げんかを始めてしまう始末。
もうこれだけで、テレビ的には「掟破り」もいいところなのですが、もはやフツーのテレビの「お定式」には飽き飽きした人たちには、「これがなくっちゃ『どうでしょう』ではない」と思えてしまうのですね。


で、先日東京で、「水曜どうでしょう」の最新作がオンエアされました。
その中で、放映直後から「名セリフ」と評価されていたシーンがありまして。
既にもう私、10回以上そのシーンを繰り返しては、涙を流さんばかりに笑い転げてですね、仕事中にそれを思い出しては「アブナいヒト」になりかかっております。

言葉だけを取り上げたら、特段なーんもおもしろくないのです。

【この続きは、いわゆる『ネタバレ』になります】
続きを読む >>
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
| コミュニケーションスキル | 07:11 | comments(0) | trackbacks(0)
(第153話)最近、ブームですか? 「ファシリ」って
かなり久しぶりじゃないでしょうか。
「ファシリテーション」をテーマにブログの記事を書くというのは。

最近、「ファシリテーションを身につけたいのだけれど」と、
私の前歴を知ってか知らずか、ご相談を持ちかけられることが増えてきました。

# 私の前歴:NPO法人「日本ファシリテーション協会」で、
# 2年ほど活動していたことがあります。現在は籍を置いておりません。

また、本屋に行くと、昨年よりも「ファシリ本」が増えているような気がします。
コーチングほどの流行りぶりではないですし、NLPほど人目を引くテーマでもないですが、
類書が増えているということは、ニーズがあって、かつ、それが増えているということなのでしょう。


で、さも当たり前のように「ファシリテーション」って書いていますが、
「何をどうする(何がどうなる)ことが」ファシリテーション(が機能しているということ)
なのかという共通理解は、案外得られていないような気がします。

# ですから、私は私なりの「ファシリテーション像」を、ここで綴るしかありません。
# ですので、読者の皆さまは、「これは、ひとつの例なんだな」とご了解の上、
# 読み進めていただければ幸いです。

私の考える「ファシリテーション」の定義は、

★その場に参加している人たちが、素直にモノを言いやすい状況・状態を作る。
★参加者から出てきたメッセージ(言語/非言語とも)を、公平に取り上げ、整理して、共有していく。
★共有されたメッセージに潜む「思い、信念、価値観」を互いが理解し、新たな次元で共通認識を得る。
★最後は、協働できる行動(計画)に落とし込む。

これだけです。これが実現できれば、どんな手段やどんなテクニックを使ったって構わないと、私は考えています。


ファシリテーションのカギ....といいますか、
ファシリテーターに必要な「存在感」というのは、実は「即興性」「柔軟性」です。
続きを読む >>
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
| コミュニケーションスキル | 20:18 | comments(0) | trackbacks(0)
(第5話)「時」を待つのです
「『変えてくれる』と思ってたんですけどね」
その言葉を残して、ある人は場を立ち去ったそうです。

その言葉を受け止めた人は、
「相手の期待に応えられなかった」と自分を責めたそうです。

この二人に対して、皆さまはどう思われたでしょうか?


続きを読む >>
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
| コミュニケーションスキル | 06:46 | comments(1) | trackbacks(0)

▲このページの先頭へ
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
RSS1.0 l Atom0.3
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ

AUTHOR'S PROFILE
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
Words of Light
SEARCH
Google

ウェブ全体を このブログ内を

RECOMMEND BOOKS Pt.1
RECOMMEND BOOKS Pt.2
COPYRIGHTS, THANKS
Copyright of All Contents,
(C) 2004-2009 Tazya.
All rights reserved.

Creative Commons License
この作品は、
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
の下でライセンスされています。

Copyright of Weblog Systems,
(C) 2004 paperboy&co.
All Rights Reserved.
みんなのブログポータル JUGEM

Dedicated to
all my dearest people
and their spirits
"Awakening the World"!


ブログパーツUL5