One More Awakeners

【更新終了しました】心+身体+魂の好ましい統一を得るべく自己探求を続けてきた、ある男の記録です。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
| - | | - | -
(第219話)「愛はいつでもそばにあるもの」 なぜなら、それはあなたの中にあるから
まずはご紹介しているこの本。
「4つの質問」と「ひっくり返し」により、シンプルにして衝撃的、かつ見事に、人間の認知の歪みを自覚させるメソッドを紹介しています。

<4つの質問>
 ・それは本当ですか?
 ・それが本当だと、絶対に言い切ることができますか?
 ・その考えを信じると、あなたはどうなりますか?
 ・その考えがなければ、あなたはどういう人になりますか?

<ひっくり返し>
 ・その考えの「主語」「目的語」「肯定/否定」などを転換してみる。
 ・それにより、あなたはどのような感覚を覚えますか?
  (元の考えを抱いているときと比べてどうですか?)
 ・ひっくり返した後の考えが、元の考えと同じくらいかそれ以上に
  本当であることを示す、三つの実例を挙げてみてください。

これ....見事に、NLPの「メタモデル」「メタプログラム」や「(制限となる)ビリーフ」が盛り込まれています。
NLPerにも興味を持って読んでいただける一冊ではないかと思います。


さて本題です。

去年の秋にリリースされ、今でも私の心の中では "Best of Love Song" に君臨している曲があります。

Innocent Love (THE ALFEE)
 ※参考記事:(第29話)愛はいつでもそばにあるもの 気づかぬうちにそっと輝く

この1年の間、私の中では、この曲に対するとらえ方(認知)が大きく変遷していきました。

(第一段階)「特定の誰かさん」を重ね合わせていた
これはよくある話ですね(^^;
歌詞を読んでいただければ判るように、この曲では「あなた」という単語が、呼びかけの対象として使われています。
その当時私は、ある人のことを「この人とだったら!」とものすごく思い入れておりました。
当然ながら私は、この曲の「あなた」を、思い入れていた人だと信じ切って、聴くたびにリソースフルな状態に浸っていたのでした。

(第二段階)「不特定の誰か」だと思えるようになったら?
(第一段階)での思いは、諸般の事情(!)から、その当時には叶わないことが明らかとなりました。
しかし私は、この曲には「ひと組の愛し合う人同士」を超えた可能性があるなと思い始めたのです。
つまり、この曲でいう「あなた」とは、「いまこの瞬間、私と同じくこの地上に生きる人すべて」のことである....というリフレームができるのだと。そうすることで、「Innocent(無償の;無条件の)Love」なるタイトルの本質に、より深く近づけるのではないかと。
そして、このリフレームによって得られた予想外の効果は、(第一段階)で自分の中に抱いた「あの感覚」を、喪失したのではなく、昇華することができたということです。

歌詞の中には「奇跡の絆が 二人を巡り逢わせた」とか、「何気ない月日の積み重ねが 二人を強くさせる」なんて言葉もありますから、そちらにとらわれると、まず(第一段階)の解釈しか生みようがないでしょう。
しかしその「二人」とは、自分が生きていく中で出逢うすべての人だととらえ直したときに、言葉の持つ意味や力がぐっと広がりました。もしかしたら、作者である高見沢俊彦「王子」の思惑以上に。

これが、つい最近....いや、今日のある瞬間まで抱いていたとらえ方です。
続きを読む >>
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
| 愛について | 19:52 | comments(1) | trackbacks(0)
(第183話)愛の本質−信じて見守り、任せること
今、この記事を書いているPCの奥に、4つの小さな鉢植えがあります。
あるミネラルウォーターのおまけについていたものです。
全部で6種類あったうちの4つ(カモミール、タイム、コスモス、ききょう)まで手に入れて、もう2週間以上、そこにあります。

「洋物」であるところの3つ....カモミール、タイム、コスモス....は、水をやり始めて3〜4日で芽を出し始めました。
一番勢いがよかったのはコスモスかな? あれよあれよと、背丈10cmぐらいの茎が10本以上伸びるまでになっています。残り2つも、背丈はさほどではないものの、パッと見20〜30本ほど芽が出て小さな葉が広がっています。

唯一、ききょう(日本代表?)が、なかなか芽を出さずにいました。
「しまった、こりゃあケアをミスった(水をやりすぎた、とか)かな?」と思いつつ、ほぼ毎日水をやり続けていたら、昨日あたりから徐々に芽を出し始めています。
今朝は5時過ぎに起きましたが、この小一時間の間にも、芽の白さがわずかながら大きくふくらんでいるのが判ります。

おお、忘れんうちに、水をやっとくか....(しばし執筆中断^^;)。

この他にも、我が家には、鉢植えがもう2つあります。

「幸福の木」:気がつけばもう、10年以上のつきあいになりますね。当時購入したクルマのディーラーさんから納車記念にいただいたもので、まだしっかり生きております。2002年に花を咲かせたことがあります。
「パキラ」:去年(2006年)の誕生日に、我が同志からもらったもの。もらった当初のつつましさはどこへやら、今や「野生児」ぶりを発揮して、枝を四方へ伸ばしております。

どちらも観葉植物。やりすぎない程度に水をやればちゃんと育つものではありますが、それでもしっかり生きていてくれることがうれしいですね。
そして、「生きていること」を信ずればこそ、ずっと手元に置いておきたいし、愛情を注ぎたいと思い続けられます。


人間にも、似たようなところはないでしょうか。
続きを読む >>
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
| 愛について | 07:13 | comments(1) | trackbacks(0)
(第151話)なぜに人は「誰か」を求めるのか
評価:
中島みゆき,瀬尾一三,デビッド・キャンベル
ヤマハミュージックコミュニケーションズ
¥ 2,893
(2001-05-23)
ひとりでも私は生きられるけど
でもだれかとならば 人生ははるかに違う (「誕生」)

わたしたちは二隻(にそう)の舟
ひとつずつの そしてひとつの (「二隻の舟」)

縦の糸はあなた 横の糸は私
逢うべき糸に 出逢えることを
人は 仕合わせと呼びます (「糸」)

元は1992年に発売された、中島みゆきのアルバム「EAST ASIA」。
2001年に再発売されたのは、レコード会社の移籍とともに、版権も移管されたためと思われます。

それはともかく。

私の中で「中島みゆきのベストアルバム1枚を」と言われたら、
迷いなくこの「EAST ASIA」を選びます。

なぜならば、冒頭に歌詞をご紹介した、この3曲の存在が、
私の恋愛観であり、パートナーシップのあり方を決定づけたからです。
そしてそれは、普遍的なものと信じるからです。
続きを読む >>
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
| 愛について | 08:49 | comments(0) | trackbacks(0)
(第133話)愛は「取り戻す」だけでなく、「解き放つ」もの
評価:
フェンス・オブ・ディフェンス
インディペンデントレーベル
¥ 3,000
(2007-03-21)
このアルバム....ようやくAmazonでも扱われるようになりまして。
それで不肖ワタクシめがユーザーレビューも書かせていただきまして。
まあめでたいなということで、再びご紹介させていただきました。

ジャケ写と収録曲はこちら↓


で、紹介だけして終わりかというと、そうではありません。
ここからが本題です。

タイトルにある「(愛は)取り戻す」ものというのは、
年末年始にさんざ涙し号泣し嗚咽した、この曲の歌詞にあったコトバです。

「希望の虹」より:

風よ吹け! あの希望の虹に向かって
風よ吹け! 愛を取り戻せ
続きを読む >>
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
| 愛について | 05:52 | comments(2) | trackbacks(0)
(第88話)取り戻すべき「愛」は、自分の中にあります
最近、日に何度聴いても飽きないほど聴き込んでいる曲。
FENCE OF DEFENSEの「希望の虹」の歌詞に、こんな一節があります。

「愛を取り戻せ」

ここでいう「愛」って、どの愛のことなんだろう?

過去に失くした、誰かへの愛なんだろうか。

それとも、今はもう叶わないと判りきっているけれども、
諦めきれないでいる愛なんだろうか。

いや、どちらでもないよな、と。
続きを読む >>
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
| 愛について | 19:45 | comments(0) | trackbacks(0)
(第83話)「熱き三匹の犬」に涙した年始
「三匹の犬」....私のフェイバリット・バンドのひとつ、FENCE OF DEFENSEのことです。

メンバー全員が戌(いぬ)年生まれということで、去年が「年男」。
そのめでたい(!?)年に作られたアルバムが「hot dogs 2」。
1回前の年男の時に「hot dogs」なるアルバムを作っていますので、
今回は「2」なのだそうです。

今のところはメジャーな流通経路に乗っていないので、直販のみ。
年末に手に入れまして、CDだけでなく、おまけについてきたメイキングDVDも観ました。
# あとから気がついたのですが、これがおまけでついてくるのは、
# 「先着200名」だったのだそうです。ってことは....(以下怖いので略^^;)。

その中に入っていた1曲のPV(プロモーション・ビデオ)に、
私は不覚にも涙してしまいました。大晦日の夜のことです。
続きを読む >>
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
| 愛について | 21:57 | comments(0) | trackbacks(0)
(第77話)愛を湛え、常に表現できる人になりたい
と、強く思うのです。


このところ「愛」について、しつこいぐらい掘り下げている私ですが、
じゃあ「愛」を自分が実践できているかというと....、

まだまだだよなぁと、頭をかくことしきりです(^^ゞ

「愛」を表現することを普段は止めていて、
でも表現したいという欲求は、地中のマグマのごとくうごめいているので、
いつかは誰かに向かって発露したいと思ってしまう。

それって本当の「愛」のカタチでしょうか?

続きを読む >>
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
| 愛について | 08:07 | comments(1) | trackbacks(0)
(第76話)愛は「完成品」にはない 共に「完成」を創りながら生まれるもの
ある人への愛(というか「想い」「想念」かな)が叶わないと悟ったとき、
心に大きな穴が空いたような、そんな感覚を抱くことがあります。

どうしてそうなるのでしょう?


続きを読む >>
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
| 愛について | 17:06 | comments(0) | trackbacks(0)
(第67話)この際、「愛と平和」について考えてみる(後編)
そして「愛」です。

最近私は、スピリチュアル系の本も読み漁っているのですが、
その中では、何の前置きも解説もなしに「愛」「愛する」という言葉が使われます。

「愛を心に持って....」
「ただひたすら、愛し続けなさい」

読んでいて、心癒されたり勇気づけられたりはするものの、
最後には根源的な疑問(問い掛け)をしたくなる自分がいます。

「愛」って、どういうもの?
「愛する」って、どうすること?
続きを読む >>
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
| 愛について | 11:08 | comments(0) | trackbacks(0)
(第62話)「愛している」と口にするとき
評価:
フランチェスコ アルベローニ
草思社
¥ 1,575
「状態や存在(being;既にそこにあると信じる)」に重きを置くのか、
「行動(doing;得ようとする、あるかどうか確かめようとする)」に重きを置くのか。

どちらも「愛」にまつわる一側面だと私は考えていますが、
後者に生き甲斐を求め続けると、際限がなくなってしまうような気がします。


相手が自分のことを「愛している」確証を、どうやって得ればいいのでしょう?

・心身両面の愛情を注いでくれる
・自分を感情的に常にハイにしてくれる
・自分がローの時には慰めてくれる   ....など、など、など。

逆に、自分が相手のことを「愛している」ということは、どうやって判るのでしょう?

・相手のことを思うと、愛おしくてたまらなくなる
・相手とずっと一緒にいたいと思い、相手もそう思っていると思う
・自分からのアプローチを、すべて肯定的に受け取ってくれている
・求めれば応じてくれる(!)   ....など、など、など。

書いててだんだん空しくなってきました...._| ̄|○

続きを読む >>
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
| 愛について | 10:55 | comments(0) | trackbacks(0)

▲このページの先頭へ
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
RSS1.0 l Atom0.3
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ

AUTHOR'S PROFILE
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
Words of Light
SEARCH
Google

ウェブ全体を このブログ内を

RECOMMEND BOOKS Pt.1
RECOMMEND BOOKS Pt.2
COPYRIGHTS, THANKS
Copyright of All Contents,
(C) 2004-2009 Tazya.
All rights reserved.

Creative Commons License
この作品は、
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
の下でライセンスされています。

Copyright of Weblog Systems,
(C) 2004 paperboy&co.
All Rights Reserved.
みんなのブログポータル JUGEM

Dedicated to
all my dearest people
and their spirits
"Awakening the World"!


ブログパーツUL5