One More Awakeners

【更新終了しました】心+身体+魂の好ましい統一を得るべく自己探求を続けてきた、ある男の記録です。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
| - | | - | -
(第252話)引き寄せ「のお供に」手放しを

昨日は、毎月恒例の「NLP Cafe」。 
今月は私が「実習者(ファシリテーター)」として前に立ちました。テーマは、

引き寄せの前に「手放し」を

昨年来世間では未だ継続中の「引き寄せ」ブーム、自分の体験、さらに今春あたりからマイブームとなっている「手放し」が重なって、この時期にCafeで何かをやるのならばこれしかないでしょと思い立ち、スクリプトを組みました。 

そしてワークは、以前このブログでも紹介したセドナメソッド」をベースとしたものを、オリジナルでアレンジしました。 
セドナメソッドのシンプルさを極力保ちながら、せっかく学んだ(学んでいる)NLPをうまく組み込むことで、「素早く効いて、元から治せる」ようになればと思ったのです。 

しかし、自分ひとりの頭の中で想像していたのでは、実際に「使える」ワークになっているのかは判りません。 
そこで、NLP Cafeのスタッフ数名と予行演習を行い、ワークの手順をブラッシュアップ。これならいけそうだと確信を掴んだ上で、当日に臨みました。 

ワークの手順は、大まかには以下のとおりです。
-----------------------------------------------------------------
 1.引き寄せたいものや状態をイメージ。
   そのときの自分の反応(内的会話や身体感覚)に意識を向ける。
   ネガティブなものはもちろん、ポジティブなものも取り上げていく。

2.自分に問いかける。「その反応を手放せますか?」 
  →答えが「Yes」なら次のステップへ。
   「No」なら、その反応を手放すときに起きる反応の方を意識して、
   同じ問いを繰り返す。 

3.さらに自分に問いかける。「今、手放しますか?」 
  →答えが「Yes」なら次のステップへ。 
   「No」なら、その反応を手放すときに起きる反応の方を意識して、
   同じ問いを繰り返す。 

4.自分の好きなやり方で、その反応を手放していく。 

5.1〜4を最低3回(できれば5回以上)繰り返す。 

6.最後にもう一度、引き寄せたいものや状態をイメージ。 
  そこへ向かっている自分を充分に体験する。 
----------------------------------------------------------------- 
※オリジナルのセドナメソッドでは、2と3で答えが「No」でも、
 お構いなしにどんどん手放しを行います。 


さて、結果は....?
続きを読む >>
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
| 活動記録 | 21:39 | comments(0) | -
(第233話)「居眠り」だって立派なフィードバック
昨年秋に、某看護学校の学生さん有志(十数名)を相手に、ファシリテーションの基礎を伝えるワークショップをやってきましたが、これから記すのは、その続編です。

今回はまる一日(実質6時間)、1学年(80名ほど)全体を相手にしたワークショップ....というよりも、正式な「授業」をやってきました。
内容的には、ファシリテーションの基礎的なところをひととおり。社会人向けに伝えるであろう内容をややカスタマイズして臨みました。
実習で使う題材も、学生さんに身近なものを取り上げ、こちらが想定しうる限りの「前のめりになってくれそうな」コンテンツを盛り込みました。



学生さんからのフィードバックも追って頂戴しましたが、
全体を通してみれば、決して悪いものではなかったと思っています。

ただ、午後の時間帯に、少なからぬ数の居眠りを出してしまったのはまずかったなと。
アジェンダの構成という方向からも工夫する(寝させないようなアクティビティを盛り込む、など)可能性もありましたし、私自身ももっとメッセージの作り方を工夫する(理屈だけでなく、生身の自分を出すべきだった、など)とか、いくつものオプションを用意しておくなどの柔軟性を持って対応するとか、いろいろな可能性もありました。

幸い、看護学校の先生方が非常に協力的であったのが救いでした。
即興で「困ったちゃん対策実演」をやってみたり、学生のグループワークに積極的に入り込んだりして。本来私が介入すべき場面を、見事にカバーしてくださいました。
先生方の助けがなければ、最後まで「授業」ができたかどうかわかりません。



ともかく、とてもいい勉強になった一日でした。
このような場を提供してくださった某看護学校の方々に、改めてお礼申し上げます。
本当にありがとうございました。


....と、その上で、告白しておかねばならないことがあります。
続きを読む >>
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
| 活動記録 | 20:45 | comments(0) | -
(第210話)「アシスタント星人」復活の日は近い?
今日の午後は、「NLPプラクティス」にてファシリテーター(実習者)を務めてまいりました。

お盆の帰省ラッシュ....つまり、東京から人がいなくなるタイミングで、参加者がどれだけいるか不安でしたが、複数の出身母体から合計8名が参加。じっくりとワークに取り組んでいただきました。

何をやったかと言いますと、「コア・ステート」がキーワードでした。

<コア・ステート>
 Being(存在)、Inner Peace(内なる安らぎ)、Love(愛)、OKness(自己承認)、Oneness(一体感)
 
1)コア・ステート(クライテリア)を探る
  自分が身につけているアイテムから2点を選び、
  ・それをなぜ選んだか、身につけていることで何を得ているか
  ・「得ている」とした状態を得ることで、さらに何を得ていくか
  を、コア・ステートに到達するまで掘り下げていく。

2)インテグレーション(葛藤の統合)
  手順は、プラクティショナーレベルで学ぶものと同じ。違うのは、
  パートの肯定的意図を聞いたあと、さらにコア・ステートまで掘り下げること。
  実習者の意図としては、「肯定的意図として現れた単語では、統合がしにくい」
  ことがあったとき、さらに言葉を深掘りしていってうまくいったことがあった
  ので、それを意識してやってみようという、ある種の「実験」でした。

さて、結果はどうなったかといいますと....?
続きを読む >>
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
| 活動記録 | 21:39 | comments(1) | trackbacks(0)
(第97話)世界....一のマスター....の中心で「愛」を叫ぶ!?
NLPマスターコース初日の夕方。
来る2月7日に開催予定の「NLP Cafe」の予告を行いました。

「NLP Cafe」とは、毎月一度、第二水曜日の夜に開かれる、
NLP研究所の在学生&卒業生による自主的な勉強会みたいなものです。
スキル練習と「ちょっとスペシャルな企画」を交互に開いています。

2月は何と、不肖ワタクシめが「実習者(ファシリテーター)」として、
参加することになっております。

私の回は「ちょっとスペシャルな企画」の順番にあたっておりまして....。
続きを読む >>
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
| 活動記録 | 22:49 | comments(0) | trackbacks(0)
(第78話)来年、やってみよっかなーと思いついたこと(その2)
というか、既に器(というか、ラベル?)だけは作りつつあるのですが。

be-the-one.jp」なるドメインを取得しようとしています。
現在手続き中で、多分年内には取得完了できるでしょう。
続きを読む >>
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
| 活動記録 | 10:12 | comments(0) | trackbacks(0)
(第54話)これが、"Awakeners" の「原点」です
# この日記は、2005年7月30日に記されたものです。
# 当時付けられたコメントも、併せて載せてあります。

"awakener"(目覚めさせる者、気づきを与える者)という単語。
このキーワードを冠したサイトを、近日中に立ち上げることにしました。

それがタイトルに載せた "Awakeners.jp" です。

以後、私がヒューマン(コミュニケーション)スキル絡みで活動する際には、クレジットのどこかに "Awakeners.jp" を入れていきます。


事のきっかけは、私が受講していた「NLPプラクティショナー認定コース」のアシスタントさんが言った「"awakener" になる!」という言葉に触発された....私ではなく、同期生の存在でした。
NLPを学んでいく間に自らの存在意義(自己認識、アイデンティティ)を見いだしたらしく、それを表現する言葉として "awakener" がピッタリはまったようなのですね。
その話を聴いたのは、確か2月か3月か....花粉症シーズンの前であったことは確かです:-)

その頃、私は自分の生き方を表すキーフレーズを "Facile Japan" と名付けていました。
「ニッポンをラクに、生きやすくする。その一助になりたい」という決意です。
ただまぁ、世に何を問うかと言って、問えるほどの材料も実績もない状態でしたから、ドメイン名だけは取得して、しばらくは自らのスキルアップと実績積み重ねに専念するつもりでした。

一方で、"awakener" というキーワードも、心の隅に残っておりまして。

「"facile (facilitation)" と "awaken" は並び立たんもんだろうか?」

続きを読む >>
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
| 活動記録 | 10:39 | comments(0) | trackbacks(0)
(第15話)「宣言」しました!
3日間のセミナーが終了しました。
今はもう、何と表現したらいいか、言葉が見つからない状態です。

すべてのカリキュラムが修了したあと、
本家本元 "Awakener" である(って、ご本人は思っていないでしょうが^^;)ロバート・ディルツ氏に、セミナー3日間への感謝の気持ちと、我々・Awakeners としての「思い」を伝えに行きました。

記念撮影だけできればいいかなと、最初は思っていたのですが、
セミナーが進行していくうちに、「いや、それだけでは何だか消化不良が残る」と思い始めたのです。

「そうだよ。今、自分たちは、我々に『目覚め』のきっかけをくれた人と、
 共に学びの場にいるんじゃないか。
 自分たちの『思い』をその人に伝えることができるのは、今しかない!」
続きを読む >>
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
| 活動記録 | 09:11 | comments(0) | trackbacks(0)
(第0話)"Awakener" そして "Awakeners" とは?
「Awakeners宣言」へようこそ。

このブログは、主に、
私自身の「自らの、自らに対する、永続的な進化・変化を創り出す活動」を記録するものであり、
その際に生じた「気づき、癒やし、意識の目覚め、新たな認識」を記していくものです。

「永続的な進化・変化」の軸となるものが、
"Awakener" というアイデンティティ(自己認識)です。

「自他の意識の目覚めを促し、内面の癒やしや、肯定的な変化と進化を創り出す人」

と、私は定義しています。
どのような場においても、どのようなタイミングにおいても、

「自分は "Awakener" である。
 "Awakener" として、どのような言動・行動をなすべきか常に模索し、実践していく」


といった決意を込めて、このブログを書き続けていく所存です。
続きを読む >>
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
| 活動記録 | 19:51 | comments(0) | trackbacks(0)

▲このページの先頭へ
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
RSS1.0 l Atom0.3
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ

AUTHOR'S PROFILE
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
Words of Light
SEARCH
Google

ウェブ全体を このブログ内を

RECOMMEND BOOKS Pt.1
RECOMMEND BOOKS Pt.2
COPYRIGHTS, THANKS
Copyright of All Contents,
(C) 2004-2009 Tazya.
All rights reserved.

Creative Commons License
この作品は、
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
の下でライセンスされています。

Copyright of Weblog Systems,
(C) 2004 paperboy&co.
All Rights Reserved.
みんなのブログポータル JUGEM

Dedicated to
all my dearest people
and their spirits
"Awakening the World"!


ブログパーツUL5